メインメニューを開く

米粒状土製品(こめつぶじょう どせいひん)、擬似米(ぎじまい)は、遺跡で出土することが知られていて、五穀豊穣や子孫繁栄を願うために、米の代用品として使われたと推測されてきた土粒。

香芝市にある平野2号墳の発掘調査では玄室南東側の中世土器の集積した箇所で発見され、ここで見られたものは米粒大で赤褐色を呈し、柔らかく崩れやすかった。これを調査者は焼成が弱かったものと判断している。他に幾つかの古墳での発見例にも触れた上で、それらが中世に再利用した形跡があることから、古墳が作られた時代でなく、中世になって何らかの祭祀が行われた際に用いられたとの推測を立てている[1]

奈良県桜井市教育委員会が、1999年、カタハラ1号墳を発掘した。米に似た硬い土粒が横穴式石室の床面の腐葉土から大量に出土した。これらは 3-8mm の3類の大きさに分類できた。2005年になって、2回脱皮して成長するコガネムシ科の幼虫、いわゆるジムシであると判明した[2]

住吉大社の特殊神事の埴使において神職が畝傍山の山頂から持ち帰り平瓮をつくる原料である埴土もコガネムシ科の幼虫の糞であるが、これのみで土器を焼くことはできないことが確認されている[3]

脚注編集

参考文献編集

  • 下大迫幹洋「奈良県2号墳の発掘調査成果」(2002)日本考古学, 13: p.131-142.
  • 成迫法之「天香久山と畝傍山の埴土研究:その土器原料としての物性について」(2010)全国地質調査業協会連合会「技術フォーラム2010」