メインメニューを開く

納殿(おさめどの)とは、衣装調度品など各種の品物を納めて置く場所。後世における納戸の元となった。

宮中においては、累代の御物は宜陽殿、恒例の御物は蔵人所綾綺殿屏風仁寿殿を納殿としていたことが『西宮記』(巻8・所々事)に記されている他、春興殿も納殿として用いられていたことが『日本後紀』(承和4年12月辛卯(2日)条)及び『三代実録』(元慶8年2月21日条)によって知られる。これらは天皇の家政機関であった蔵人所の管理下にあり、同所の蔵人雑色らが管理にあたった。また、後涼殿にも納殿があったとされている。

また、公卿などの貴人の邸宅や寺院にも同様の施設があり、『今鏡』には藤原師実源雅実の邸宅の納殿が登場し、『吾妻鏡』(安貞元年6月17日条)にも将軍の御所に納殿が造営された記事が存在している。更に『源氏物語』「須磨」にも光源氏の邸宅の納殿が登場している。

室町時代頃より「納戸」という呼び名が代わりに用いられるようになった。

参考文献編集

関連項目編集