終止コドンとは、遺伝暗号を構成する64種のコドンのうち、対応するアミノ酸(とtRNA)がなく、最終産物である蛋白質生合成を停止させるために使われているコドン[1]終結コドンあるいはアミノ酸を指定しないことから、ナンセンスコドンとも呼ばれる。

一般にゲノムから転写されるmRNA上のコードでは、UAA(オーカー)・UAG(アンバー)・UGA(オパール)の3種がある[2]

関連項目編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ tRNAに擬態するタンパク質により解読される異端な遺伝暗号の解読機構の解明”. 東京大学大学院 新領域創成科学研究科 メディカル情報生命専攻 生命分子遺伝学分野(伊藤耕一研究室). 2021年11月13日閲覧。
  2. ^ 遺伝子発現の流れ”. 株式会社医学生物学. 2021年11月13日閲覧。