経石(きょういし)は、仏教経典の文章の1字または複数の文字を黒墨または朱墨で書き写した。「きょうせき」ともよむ。

概要編集

経石には、しばしば河原石などの礫石がもちいられる。経塚造営に際して仏教経典を納める一形式でもあり、近世に流行した。一字一石経と多字一石経とがある。

なお、『平家物語』巻六には、平清盛摂津国経島を築いたとき、石に経を書いてこれを埋め立てに用いたことが記されている。

関連項目編集