メインメニューを開く
中国式 LI-4 合谷の経穴

経穴 (けいけつ) とは、中医学、漢方医学、経絡学の概念で、体内の異常に応じて体表の特定の部位に対応して現れるもので指圧、鍼、灸で刺激を与えることで体調の調整、諸症状の緩和を図るものである。一般には「ツボ」とも呼ばれる。筋筋膜性疼痛症候群(Myofascial Pain Syndrome)におけるトリガーポイント(例えば腰痛の原因となる筋・筋膜内の好発部位)と大半が一致する[1]。偽の刺激よりも真の経穴への刺激の方が効果は高い[2]

目次

概要編集

経穴は、もとは中国の中医学に由来し経験的な知見により見出されたものである。重要な神経・血管・筋走行上に位置したり体性-内臓反射等で医学的関連があり、現在ではWHOにおいても治療効果が認められている[3]

中医学、漢方医学的説明では、経穴は「」のエネルギーの通り道であるといわれる経絡上にあって、気血が出入りし、経絡が合流したり分枝したりする経絡状の重要なところである。一般的にはツボと呼ばれ、また「穴(けつ)」とも呼ばれるように、熟練した鍼灸師が触診すると、微細な陥凹部としてとらえられる。鍼灸で診断や施術をする重要な部位である。禁鍼穴禁灸穴と呼ばれる、施術が禁止されている経穴もある。

皇甫謐の『鍼灸甲乙経』では経絡上に配置されている。楊継洲の『鍼灸大成』で理論的に書かれた。王執中の『鍼灸資生経』ではツボの部位とその主治、鍼灸法や取穴と治療法などが記載された。

経穴の種類編集

経穴には正穴奇穴があり、正穴は14本の経絡(任脈督脈と12正経)に属し、滑寿の『十四経発揮』によると354穴が全身に存在する。WHOでは1989年、奇穴のうち7穴を14正経に所属させて361穴とした。奇穴も250穴以上ある。現在、欧米ではアルファベット2字と数字で経穴を表している。たとえば足三里穴はST36である。一方、日本や中国、台湾などでは、昔ながらの漢字による表記がなされている。

経穴の場所の多くは関節、筋溝、腱上、腱下、骨縁、骨端、骨孔、動脈の上や静脈の上、神経の上部にあたる部分に存在しており、実際に取穴した際に指頭を使って経穴部位を確認する。疾病の際にその部分に様々な病態変化が起きるので指頭で探ることにより圧痛があったり、特異な響きが出ることがある。これを内臓皮膚体表反射という。逆に鍼灸等を用いて刺激することにより治療を行ったときに出る現象を皮膚体表内臓反射という。

日本の経穴学とWHO方式編集

経穴の場所については日中韓で92個のその解釈に微妙な相違が存在したため、2003年からWHO経穴部位国際標準化公式会議が日中韓をはじめとした9カ国2組織が参加して開かれ、2006年に経穴の場所が統一された。[3]

日本の鍼灸養成施設(海外の鍼灸養成施設はWHO方式を採用)で用いられている経絡経穴の教科書は、古法に基づいて行おうということでWHO方式ではないが、2009年からは世界基準に従い、日本の鍼灸養成施設でもWHO方式を採用する事が決定した。

作用機序編集

ツボ療法の原理は、ツボと内臓との関係から考えられる[要出典]。ツボとは内臓の疾患が、皮膚の表面への反応として敏感に出てきた所であるといわれている[誰によって?]。つまり、このツボを刺激すれば、内臓への働きかけが可能ということになる[要出典]。 このように体の表面と内部の病態との関係を多くの実例から究明したものをツボ理論という[要出典]。ツボを刺激すると、それが、脊髄中枢に伝えられ、それを受け取った中枢はさらに、その先の末梢神経、つまり指先へ刺激を伝えていく[要出典]。逆にいえば、指先を動かすことによって気血経絡を通して各ポイントを刺激することになり、全身の血行を正常化する[要出典]。つまり、血液の循環がよくなり、頭の回転が促進され、血液が体のすみずみまで行き届くことになる[要出典]。したがって、ストレスが自然に解消され[要出典]内臓を丈夫にするといわれている[誰によって?]

有効性編集

経穴と経穴でない部分への刺激による効果を比較した66研究、のべ7265人から、偽の刺激よりも真の経穴への刺激の方が効果的であったが、非常に多様な異なる偽の刺激点が用いられているため偽の刺激点が治療効果をもたらすかについては結論を下せなかった[2]

関連項目編集

  • 金鳳漢(キム・ボンハン) - 北朝鮮の医学者。キム・ボンハン学説を研究論文『経絡の実態に関する研究』で発表した。現在では俗説とされている。
  • 急所
  • 解剖学
  • 思考場療法
  • 三里
  • ヴァルマ・カライ英語版(ワルマカレイ) - インドの武術、マッサージ、ヨガでマルマと呼ばれる人間の急所を刺激することで無力化、もしくは活性化させる技術の事

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ Dorsher, Peter T. (2008). “Can Classical Acupuncture Points and Trigger Points Be Compared in the Treatment of Pain Disorders? Birch's Analysis Revisited”. The Journal of Alternative and Complementary Medicine 14 (4): 353–359. doi:10.1089/acm.2007.0810. PMID 18576919. 
  2. ^ a b Huy, Nguyen Tien; Tan, Jing-Yu; Suen, Lorna K. P.; Wang, Tao; Molassiotis, Alexander (2015). “Sham Acupressure Controls Used in Randomized Controlled Trials: A Systematic Review and Critique”. PLOS ONE 10 (7): e0132989. doi:10.1371/journal.pone.0132989. PMC: 4503717. PMID 26177378. https://reftag.appspot.com/doiweb.py?doi=10.1371/journal.pone.0132989. 
  3. ^ a b 鍼灸のツボ統一 刺す場所どう変わる」J-CASTニュース、2006年11月8日-2011年8月1日閲覧。

外部リンク編集