結婚指輪
新婦の左手薬指に結婚指輪を填める新郎
右手の薬指に嵌められた結婚指輪

結婚指輪(けっこんゆびわ)とは、身につける人が結婚していることを示す指輪である。

概説編集

英語風に言うとウェディングリング: wedding ring)。また、日本ではマリッジ・リングと呼ばれる場合もあるが、これは和製英語である。

文化により、左手または右手の薬指に着用される。結婚指輪を左手薬指にはめるのは、左手薬指が愛情の表象とされる心臓に結びつくとされたからだとする説があったが、実際には、薬指は単独で伸ばしにくく大切な結婚指輪をはめるのにふさわしい、あるいは、左手は右手ほどに使われないため大切な指輪を痛めずに済むという理由からだと考えられる[1]

日本では8割の夫婦が結婚指輪にプラチナを選ぶが、ヨーロッパやアメリカではイエローゴールドやホワイトゴールドの人気が高いとされる[2]

アメリカ合衆国では、元来のみが着用していたが、20世紀には夫婦両方が着用する習慣が広まった[3]。日本では、1904年(明治37年)植田商店が初の結婚指輪広告を『服装新聞』に掲載して以降、結婚指輪の習慣が広まった[4]

脚注編集

  1. ^ 藤高邦宏「英米文化の背景「英米人の迷信・俗信」考(8)-3-恋と結婚-その3-花嫁衣装・花嫁花婿の心得・結婚式・花嫁の涙・結婚指輪」『  倉敷芸術科学大学紀要』第5巻、加計学園倉敷芸術科学大学、2000年3月、 209-220頁。
  2. ^ プラチナって日本だけ? 世界の結婚指輪事情|ジュエリーかまたの結婚指輪・結婚情報ブログ” (日本語). ジュエリーかまた. 2020年5月4日閲覧。
  3. ^ Howard, Vicki (2003). "A 'Real Man's Ring': Gender and the Invention of Tradition". Journal of Social History 36 (4): 837–856.
  4. ^ 指輪の普及とその要因の探究―明治期から大正初期を中心に―”. ジュエリー文化史研究会. 2020年5月4日閲覧。

関連項目編集