結婚行進曲 (メンデルスゾーン)

『結婚行進曲』のメンデルスゾーン自筆によるピアノ編曲譜(大英図書館コレクション)

結婚行進曲』(けっこんこうしんきょく、: Hochzeitsmarsch, : Wedding March)は、フェリックス・メンデルスゾーン1842年に作曲した劇付随音楽夏の夜の夢』作品61の一曲。今日では、結婚式における定番曲[1]としてしばしば使用されている。

概要編集

1847年6月2日に、イングランドデヴォン州ティヴァートン英語版の聖ペトロ教会における Dorothy Carew と Tom Daniel の結婚式にてオルガニスト Samuel Reay によって演奏されたものが、結婚式で演奏されたとされる最も古い記録である[2]。その後しばらくは人気がなかったものの[3]、1858年1月25日、プロイセン王子フリードリヒ(のちのドイツ皇帝フリードリヒ3世)とイギリス王女ヴィクトリアとの結婚式で演奏され[3]、これにより人気を博すようになった。ヴィクトリア王女の母であるヴィクトリア女王はメンデルスゾーンの音楽を気に入っており、メンデルスゾーンはイギリスを訪れている間に女王のためしばしば演奏を行っていた。

メンデルスゾーンが自らこの曲を演奏したオルガンは、ロンドントッテナムの聖アン教会に保存されている。

後に、フランツ・リストが1849年から翌年にかけて『結婚行進曲と妖精の踊り』と題したピアノ編曲を行っている。また、ウラディミール・ホロヴィッツもリスト版を参考として『メンデルスゾーンの結婚行進曲と変奏曲』と題したピアノ編曲を行っている[4]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ これまでの放送-2013年6月1日(土)の放送”. ららら♪クラシック. NHK. 2020年1月18日閲覧。
  2. ^ “Mendelssohn’s Wedding March. First Performed at a Nuptial Ceremony at Tiverton”. Western Gazette (British Newspaper Archive). (1904年9月8日). http://www.britishnewspaperarchive.co.uk/viewer/bl/0000265/19050908/122/0012 2016年8月28日閲覧。 
  3. ^ a b Emmett, William (1996). The national and religious song reader. New York: Haworth Press. p. 755. ISBN 978-0-7890-0099-6. https://archive.org/details/nationalreligiou00stud/page/755 
  4. ^ コンポーザー・ピアニストたちの軌跡―解説”. 東京音楽大学. 2020年1月18日閲覧。

外部リンク編集