維新会(いしんかい)は、大正時代日本の衆議院院内交渉団体。

歴史編集

1917年大正6年)6月15日、直前の第13回衆議院議員総選挙で当選した無所属議員43名(一部は元公正会所属)で結成した[1]。公正会は当時の首相寺内正毅を支持した[1][2]

1917年10月15日、無所属議員12名とともに新政会を結成した[3][4](議員62名)[2]

脚注編集

  1. ^ a b Haruhiro Fukui (1985). Political parties of Asia and the Pacific, Greenwood Press, p. 500.
  2. ^ a b 議会制度七十年史 政党会派編 衆議院・参議院編
  3. ^ Fukui, p. 617.
  4. ^ "New Political Combine" The Japan Daily Mail, 29 September 1917, p. 624.