メインメニューを開く

織田 信義(おだ のぶよし)は、江戸時代中期の旗本。通称は十次郎、刑部、弥十郎。官位従五位下肥後守丹波国柏原藩主・織田信包の四男信当を始祖とする旗本織田家3000石の4代当主。

 
織田信義
時代 江戸時代中期
生誕 宝永5年(1708年
死没 天明6年11月27日1787年1月16日
改名 信義→竹翁(法号)
別名 通称:十次郎、刑部、弥十郎
官位 従五位下肥後守
幕府 江戸幕府
主君 徳川吉宗家重家治
氏族 織田氏信貞系貞輝流弥十郎家(信包系信当流)
父母 父:織田長喬、母:遠藤信澄
養父:織田信政
兄弟 男子、信義信尹、女子
正室:織田信政長女
継室:織田信清長女・お道
成瀬正常信直信昆大河内政良
養子:信寛信彭

生涯編集

旗本織田長喬の次男として誕生した。旗本織田信政の養子となる。享保13年(1728年10月9日、養父・信政の隠居により家督を相続する。

享保20年(1735年4月9日、小姓組に加えられる。その後、小姓組組頭や小普請組支配を経て、宝暦3年(1753年4月7日、作事奉行となる。同年12月18日、従五位下・肥後守に叙任される。安永2年(1773年12月3日、隠居し、養嗣子とした孫の信彭に家督を譲る。以後、竹翁と称する。

天明6年(1786年)11月27日死去、享年79。

系譜編集

9男5女あり。