メインメニューを開く

羅 世(ら せい、1319年 - 1397年)は、高麗末期に倭寇の討伐で功を挙げた武将である[1]。官職は「海道元帥」[2]元代に高麗へ帰化した漢人であった[3]1380年に鎮浦口に上陸した倭寇500隻を、高麗の派遣した沈徳符(高麗の武将)・崔茂宣らとともに撃退し、勝利した[4]。これは、倭寇と高麗との歴史上最大規模の戦闘といわれる。

羅世
各種表記
ハングル 나세
漢字 羅 世
発音: ナ・セ
日本語読み: ら せい
テンプレートを表示

脚注編集

参考文献編集

  • 近藤浩一東アジア海域と倭寇 ―9世紀末の新羅海賊との比較史的考察を通して―京都産業大学論集人文科学系列 (47)、2014年3月。p129
  • 潘吉星 (1993-01). 中外科學之交流. 香港中文大学出版社. ISBN 978-962-201-548-7. https://books.google.co.jp/books?id=iCysUZmwK2UC&pg=PA159&lpg=PA159#v=onepage&q&f=false. p159