メインメニューを開く

美齢宮(びれいきゅう)は中華人民共和国江蘇省南京市玄武区紫金山の南麓に位置する歴史的建造物。

美齢宮
Meilinggong00.jpg
美齢宮
各種表記
繁体字 美齡宮
簡体字 美龄宫
拼音 Mĕilínggōng
テンプレートを表示

目次

概要編集

孫文の陵墓である中山陵ユネスコ世界遺産である明孝陵の南隣に位置している。1931年から1934年にかけて中華民国南京市政府により建設された。設計者は南京市政府工務局局長の趙志游中国語版である。

正式な名称は国民政府主席官邸であったが、蒋介石宋美齢が頻繁に宿泊していたことより「美齢宮「」と称されるようになった。現在は資料館として当時の様子を再現しており、入口には宋美齢が使用していた車が展示されている。2001年に全国重点文物保護単位に指定されている。

入場料編集

10元(2004年現在)

交通アクセス編集

南京駅近くのバス停「南京車站」で游1のバスに乗車し「美齢宮」にて下車後、徒歩10分。

ギャラリー編集

座標: 北緯32度02分52秒 東経118度50分29秒 / 北緯32.04768度 東経118.84147度 / 32.04768; 118.84147