義人(ぎじん、: righteous manあるいはrighteous person)は、神の義つまりの眼から見て正しいこと、をしている人を指す、キリスト教(やユダヤ教)の概念。「義なる人」「正しい人」とも。

福音書ペテロの第二の手紙などで主題化される。

正教会においては聖人の称号のひとつ。多く旧約聖書の聖人・キリスト受難以前の聖人に用いられる(例:義なる預言者モイセイ(モーゼ)。義なる神の祖父母イオアキムとアンナ(生神女マリヤの両親))。

また、『広辞苑』第6版によると「堅く正義を守る人。わが身の利害をかえりみずに他人のために尽くす人」のこと。

関連項目編集