メインメニューを開く

座標: 北緯51度30分45秒 西経0度05分24秒 / 北緯51.512628度 西経0.089919度 / 51.512628; -0.089919

聖スティーブン・ウォルブルック教会

聖スティーブン・ウォルブルック教会(せいスティーブン・ウォルブルックきょうかい、St. Stephen Walbrook Church)は、イギリスロンドンマンションハウスの隣にあるイングランド国教会教会

目次

歴史編集

ウォルブルックという地名は、昔そこを流れていた川の名から出たもので、この教会はその西側の岸に1096年以前に建てられたと考えられている。

1666年ロンドン大火で焼失した時にはクリストファー・レンによって再建されたが、第二次世界大戦で破壊されて以降は再建されていない。天井は8つのコリントスの柱と8つのアーチが透明な窓で区切られており、壮大なドーム状になっている。1940年のロンドン大空襲で大損害を受けたが、17世紀の建具類は残存している。

いのちの電話編集

自殺防止機関「サマリタンス」(Samaritans)の創始者チャド・ヴァラーは1953年から2003年この教会の司祭であった。1953年に教会の事務所にヴァラーが始めた自殺予防のための電話相談に端を発する活動。

装飾、内装編集

 
聖スティーブン・ウォルブルック教会の内部
祭壇
トラバーチン大理石の祭壇はヘンリー・ムーアの作品である。
埋葬者
バロック様式で有名な建築家のサー・ジョン・ヴァンブラの墓である。ヴァンブラはニコラス・ホークスムアの協力によってカースル・ハワードイーストン・ネストンブレナム宮殿シートン・デラヴァルなどを設計した。

脚註編集