聖マタイの日の戦い

現在のエストニア南部で行われた戦闘

聖マタイの日の戦い (エストニア語: Madisepäeva lahing) は、1217年9月21日に現在のエストニア南部ヴィリャンディ付近で行われた戦闘である[1][2]。ドイツ人による リヴォニア帯剣騎士団と彼らによってキリスト教(カトリック)に改宗したリーヴ人ラトガレ人によるリヴォニア十字軍と、レンピトゥのもとで連合したエストニア人が衝突した。戦闘は十字軍側の勝利に終わり、レンピトゥら主だったエストニア人の指導者が倒された一方で、改宗して騎士団に味方していたリーヴ人の首長トゥライダのカウポも戦死した。残ったエストニア人の多くは改宗を強制された。

聖マタイの日の戦い
北方十字軍
1217年9月21日
場所ヴィリャンディ付近, エストニア
結果 リヴォニア十字軍の勝利
衝突した勢力
古エストニア諸国 リヴォニア帯剣騎士団
リーヴ人
ラトガレ人
指揮官
レンピトゥ 
Vootele 
Manivald 
Unnepeve
ウォルクィン
トゥライダのカウポ 
ベルンハルト2世ツー・リッペ
戦力
6000人 3000人
被害者数
1000人以下 100人以下

脚注編集

  1. ^ Battle of St. Matthew's Day on September 21, 1217 @ Frucht, Richard (2005). Eastern Europe. ABC-CLIO. ISBN 978-1-57607-800-6. https://books.google.com/books?id=lVBB1a0rC70C&pg=PA69&dq=%22Battle+of+St.+Matthew%27s+Day%22&as_brr=3&sig=ACfU3U0GDcbGx-p3uPTO7_7WF-m5yjJ8uA 
  2. ^ Battle of St. Matthew's Day (September 21) @ Miljan, Toivo (2004). Historical Dictionary of Estonia. Scarecrow Press. ISBN 978-0-8108-4904-4. https://books.google.com/books?id=XKWRct15XfkC&pg=PA2&dq=%22Battle+of+St.+Matthew%27s+Day%22&as_brr=3&sig=ACfU3U2nNmOrTYWc6pc_L9MFgvcf9ejYgA#PPA2,M1