聖ミカエル教会 (カウナス)

座標: 北緯54度53分49秒 東経23度55分16秒 / 北緯54.89694度 東経23.92111度 / 54.89694; 23.92111

聖ミカエル教会

聖ミカエル教会(せいミカエルきょうかい、リトアニア語: Šv. arkangelo Mykolo bažnyčia)は、リトアニアカウナスライスヴェス大通りにあるネオ・ビザンティン建築ローマ・カトリック教会である。聖ミコラス大天使教会ともいう。通称はソボラスSoboras)。

当初は正教会の教会で、1893年カウナス要塞のために建設された。戦間期にはカトリック要塞として使われた。

1944年から1990年ソビエト連邦による占領下においては美術館として利用され、リトアニアが再独立を果たすとともにカトリック教会に戻された。

関連項目編集