メインメニューを開く

肛門脱(こうもん・だつ)とは、肛門管肛門を超えて、体外へ脱出する疾患のこと。脱肛(だっこう)ともいう。

概要編集

肛門管は元来体内にあり、肛門を超えて体外へ出ることはない。体外への脱出は異常であり、程度の軽重により治療が必要となることがある。

病理編集

通常、肛門管は周囲の支持組織により固定されているが、これが緩むことにより、当初は腹圧と共に、進行すると常時肛門管が体外に脱出してしまう。

検査編集

  • 身体所見
視診、触診が主となる。
  • 内視鏡
肛門鏡、大腸内視鏡などで、鑑別診断を除外していく(特にMPS:muco-prolapse syndrome)。

治療編集

軽症であれば、生活習慣の指導を行い、腹圧を上げないようにする。重症例では手術が必要となることもある。

参考図書編集

  • 岩垂純一 著:実地医家のための肛門疾患診療プラクティス、永井書店 2007
  • 幕内雅敏 監修、杉原健一 編集:大腸・肛門外科の要点と盲点 第2版 Knack & Pitfalls、文光堂 2005

外部リンク編集