胸痛(きょうつう)とは、胸部痛みや不快感などである。

胸痛
別称 Pectoralgia, stethalgia, thoracalgia, thoracodynia
Heart Attack Chest Pain.png
Potential location of pain from a heart attack
種類 Cardiac, noncardiac[1]
診療科 Emergency medicine, internal medicine
症候学 Discomfort in the front of the chest[2]
診断法 Medical history, physical exam, medical tests[3]
鑑別 Serious: Acute coronary syndrome (including heart attacks), pulmonary embolism, pneumothorax, pericarditis, aortic dissection, esophageal rupture[3]
Common: Gastroesophageal reflux disease, muscle or skeletal pain, pneumonia, shingles[3]
使用する医薬品 Aspirin, nitroglycerin[4][2]
治療 Based on the underlying cause[2]
予後 Depends on the underlying cause[3]
頻度 ~5% of ER visits[3]

一般的に胸部の前側にみられる[2]。胸痛を表現する場合には、鋭い、鈍い、圧迫感、重い、締め付けられるなどの表現が使われる[3]

胸痛と同時に診られる関連症状には、肩、腕、上腹部、顎などの痛み、吐き気、発汗、息切れなどがあげられる[3][2]。これらの症状は、心臓性胸痛と非心臓性胸痛に分けられる[2][1]。心臓への血流不足によって発生する痛みは、狭心症とも呼ばれる[5]糖尿病患者や高齢者は、症状がはっきりしないことが多い[3]

比較的一般的で深刻な原因には、心臓発作(31%)などの急性冠症候群肺塞栓症(2%)、気胸心膜炎(4%)、大動脈解離(1%)、食道破裂などがあげられる[3]。その他の一般的な原因には、胃食道逆流症(30%)、筋肉または骨格の痛み (28%)、肺炎(2%)、帯状疱疹(0.5%)、不安障害などがあげられる[3][6]。胸痛の原因の特定は、病歴、身体検査、およびその他の医療検査に基づいて行われる[3]。初めての心臓発作の約 3% は心臓発作と気づかず見落とされる[2]

胸痛の治療は、根本的な原因に基づいて行われる[2]。初期治療には、アスピリンニトログリセリンの投薬がよく用いられる[4][2]。一般的に、治療に対する反応でその痛みが心臓性胸痛かどうかは示されない[2]。原因が不明な場合は、さらなる検査をすることが勧められる[3]

胸痛は、救急外来に持ち込まれる疾患の約 5% を占める[3]。米国では、年間約 800 万人が胸痛を主訴として救急外来を受診する[2]。この内、約 60% の人が病院または観察室に入院する[2]。米国での胸痛による救急外来の費用は、年間 80 億米ドル以上である[6]。胸痛は、救急外来を訪れる小児の約 0.5% を占めている[7]

出典編集

  1. ^ a b “Noncardiac chest pain: current treatment”. Gastroenterology & Hepatology 3 (4): 255–62. (April 2007). PMC 3099272. PMID 21960837. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3099272/. 
  2. ^ a b c d e f g h i j k l Tintinalli, Judith E; Stapczynski, J Stephan; Ma, O John; Yealy, Donald M; Meckler, Garth D; Cline, David (2016). Tintinalli's emergency medicine: a comprehensive study guide (Eighth ed.). New York: McGraw-Hill Education. pp. 325–331. ISBN 978-0-07-179476-3. OCLC 915775025. https://books.google.com/books?id=FNKLCgAAQBAJ 
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m Johnson, Ken (13 March 2019). “Chest pain”. StatPearls. PMID 29262011. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/books/NBK470557/ 2019年6月22日閲覧。. 
  4. ^ a b Adams, James G. (2012) (英語). Emergency Medicine E-Book: Clinical Essentials (Expert Consult - Online and Print). Elsevier Health Sciences. p. 449. ISBN 9781455733941. https://books.google.com/books?id=rpoH-KYE93IC&pg=PA449 
  5. ^ Alpert, Joseph S. (2005) (英語). Cardiology for the Primary Care Physician. Springer Science & Business Media. p. 47. ISBN 9781573402125. https://books.google.com/books?id=YcrqZE0OCE8C&pg=PA47 
  6. ^ a b “Diagnostic indicators of non-cardiovascular chest pain: a systematic review and meta-analysis”. BMC Medicine 11: 239. (November 2013). doi:10.1186/1741-7015-11-239. PMC 4226211. PMID 24207111. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4226211/. 
  7. ^ “Evaluation of chest pain in the pediatric patient”. The Medical Clinics of North America 94 (2): 327–47. (March 2010). doi:10.1016/j.mcna.2010.01.004. PMID 20380959. 

外部リンク編集

分類
外部リソース