メインメニューを開く

胸鎖乳突筋(きょうさにゅうとつきん)は頸部にある筋肉の一つ。を曲げ、回転させる働きを持つ。

胸鎖乳突筋
Sternocleidomastoideus.png
頸部の筋肉。濃い赤色が胸鎖乳突筋
Scm posterior.PNG
頚背部の筋肉。濃い赤色が胸鎖乳突筋
ラテン語 musculus sternocleidomastoideus[1]
英語 Sternocleidomastoid
グレイの解剖学 書籍中の説明(英語)
側頭骨の乳様突起(及び後頭骨
運動: 副神経
感覚: 頚神経叢
作用 この筋の左右両方が収縮すると顎を軽く上方に上げつつ後頭を前方に引く。
片方だけが収縮する時には頭を反対側に回し、かつ傾ける。
頭を固定している時には、呼気筋として作用する。
アナトモグラフィー 三次元CG
テンプレートを表示

胸鎖乳突筋という名前は、胸骨鎖骨を起始とし、側頭骨乳様突起(及び後頭骨)に停止するところからつけられた。支配する運動神経副神経であり、知覚頚神経叢が司る。血液後頭動脈上甲状腺動脈の枝である胸鎖乳突筋枝から供給される。

胸鎖乳突筋の筋力トレーニング編集

頸部を保護するという目的から競技能力の向上よりも怪我の防止という観点で鍛えられることが多い。頭にパンチを浴びるボクシング、首を抱え込む体勢が多いレスリングなど格闘技系の種目で特に重要視されるが、その他の競技(特にラグビー、アメフト)でも事故を防ぐために鍛えておいたほうがよいとされる。トレーニング種目としてはリバース・レスラー・ブリッジやネック・フレクションなどが存在する。

  • 起始部 胸骨頭、鎖骨頭
  • 停止部 側頭骨の乳様突起、後頭骨の上項線
  • 神経支配 副神経、頚神経叢機能   


この筋が両側性にはたらくときには顎を軽く上方に上げつつ後頭を前方に引く。一側性に働く時には頭を反対側に回し、かつ傾ける。頭を固定している時には、呼気筋として作用する。

画像編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 北杜夫どくとるマンボウ青春記』に「解剖学で一番長いラテン語名」として登場する。

参考文献編集

胸鎖乳突筋は、首の後ろ側に二つある頭板状筋の拮抗筋。2つの筋肉は同じ頭蓋骨の乳様突起が付着部である。

首の動きとして、首が右に回るとき(右回旋)に、頭板状筋は後ろ右にある筋肉が収縮し、(短縮性収縮、コンセントリック収縮)胸鎖乳突筋は左側にある筋肉が、右に伸びて(伸張性収縮、エキセントリック収縮)働く。首が左に回旋するときは、頭板状筋は後ろ左側の筋肉が収縮し、胸鎖乳突筋の右側にある筋肉が左に伸びて働く。

頭板状筋の左、(左後頭部下の首)の筋肉がコンセントリック収縮しているとき、首の対角線上の右前にある胸鎖乳突筋はエキセントリック収縮する。

捕捉として、両筋肉はどちらも、側屈(首を横に倒す)の働きでは、右側に有る筋肉は右に側屈、左側に有る筋肉は左に側屈して協力する。

関連項目編集

外部リンク編集