脈絡膜(みゃくらくまく)は、眼球の内側から、網膜、脈絡膜、強膜という順番で並んでおり、網膜と強膜の間に挟まれているもの[1]

解説編集

網膜の外側にある血管が豊富な場所である。

しかし、脈絡膜に本来出来ないはずの場所に血管が会った場合、これを病名で「脈絡膜新生血管」と呼び、正常な血管とは違って大変もろく、血液の成分が漏れでたり、出血が起きてしまう。また、目の中心が見えにくくなり、日常生活にも支障をきたしてしまう。

外部リンク編集

脚注編集

出典編集

  1. ^ 網膜脈絡膜・視神経萎縮症に関する調査研究 – 難病情報センター”. www.nanbyou.or.jp. 2021年10月11日閲覧。

https://kyo-eye.org/diseases/479.html#:~:text=%E7%B6%B2%E8%86%9C%E3%81%AE%E5%A4%96%E5%81%B4%E3%81%AE%E8%A1%80%E7%AE%A1,%E3%82%92%E8%B5%B7%E3%81%93%E3%81%97%E3%81%9F%E3%82%8A%E3%81%97%E3%81%BE%E3%81%99%E3%80%82京橋クリニック眼科より