脊柱起立筋

長背筋のうち、脊柱の背側に位置する筋肉
脊柱起立筋(群)
分類
所在分類: 骨格筋
支配神経: 脊髄神経
部位
体幹筋
背部の筋
棘背筋
長背筋
ラテン名
musculus erector spinae
英名
Erector spinae

脊柱起立筋(せきちゅうきりつきん)は、長背筋のうち、脊柱の背側に位置する筋肉である。脊柱起立筋のうち、外側の筋群を腸肋筋、中間内側の筋群を最長筋、最内側の筋群を棘筋とよぶ。

健康編集

この筋肉を鍛えると腰痛予防になるといわれる。事実、美木良介は極度の腰痛を患っていたが、ここを鍛えれば腰痛が治るといわれて独自に開発したロングブレスで鍛えたことにより腰痛を治したとされる[1]

参考文献編集


脚注編集

  1. ^ テリー伊藤 対談 美木良介(1) 腰痛で10分も立てなくなり…”. アサ芸プラス (2011年11月29日). 2022年3月3日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集