脊髄副神経(せきずいふくしんけい、spinal accessory nerve)は、椎骨動脈、脊髄動脈そして蓋膜と翼状靱帯と共に大後頭孔を通っている。

側頭筋、中斜角筋、僧帽筋、咬筋、頚椎(C2、C3およびC4)、気管筋、胸鎖乳突筋が表記された頭部と頚部の医学図。[1]

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ 脊髄副神経 - Medical Illustration, Human Anatomy Drawing, Anatomy Illustration”. iv.nucleusinc.com. 2020年4月4日閲覧。