脱走と追跡のサンバ

脱走と追跡のサンバ』(だっそうとついせきのサンバ)は、筒井康隆の初期の長編SF小説である。

脱走と追跡のサンバ
著者 筒井康隆
発行日 1971年
発行元 早川書房
ジャンル サイエンス・フィクション
日本の旗 日本
言語 日本語
ページ数 336(角川文庫版)
コード ISBN 978-4041305089(角川文庫版)
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

概要編集

1970年10月から71年9月まで『SFマガジン』に連載され、1971年10月に早川書房より出版。1974年に角川書店により文庫化、のち1996年に改版の文庫が出版された。一時期絶版となったが、2015年に「筒井康隆コレクションⅡ 霊長類 南へ」に収録された。『筒井康隆全集』(新潮社)の10巻にも表題作として収録されている。「世界のSF文学総解説」(自由国民社、最新改版1991、担当執筆者・平岡正明)では「筒井康隆の最高傑作といわれている」と紹介されている。

登場人物編集

おれ編集

SF作家。ある日、この世界以前いた世界と違うことに気づく。この世界情報による呪縛時間による束縛空間による圧迫から解放されるため、以前いた世界への脱走を試みる。

尾行者編集

おれの尾行を依頼された私立探偵。作中で風貌を「いわば蒼白きインテリ、あまり頭が良くないためうだつがあがらず、いつも科学研究所の片隅にちぢこまっている万年助手」と記述されている。

正子編集

おれのガールフレンドと思しき人物。