メインメニューを開く

臧 愛親(ぞう あいしん、361年 - 408年)は、南朝宋の武帝劉裕の本妻。武敬皇后と追尊された。本貫東莞郡莒県

経歴編集

東晋の郡功曹の臧俊と叔孫氏(遷陵永平郷君)の間の娘として生まれた。兄弟に臧燾臧熹がいる。劉裕に嫁ぎ、会稽宣長公主劉興弟を産んだ。暮らしは質素でつつましく、親族を推挙することもなかった。408年義熙4年)1月、東城で死去した。享年は48。豫章公夫人に追封され、丹徒に葬られた。420年永初元年)8月、敬皇后と追諡された。422年(永初3年)、劉裕の遺詔により初寧陵に陪葬された。

伝記資料編集