自由党 (日本 1903-1905)

1903年から1905年まで存在した日本の政党

自由党(じゆうとう)は、明治時代の日本の政党。

党史編集

自由党は1903年中、首相桂太郎への協力に反対した立憲政友会帝国議会議員約20名によって結成された[1]旧自由党の理想を取り戻そうとしたが、背後に桂太郎がいるとの疑いがついて回った[1]

1905年12月、甲辰倶楽部帝国党と合併して大同倶楽部を結成した[2]

脚注編集

  1. ^ a b Fukui, Haruhiro (1985) (英語). Political parties of Asia and the Pacific. Greenwood Press. p. 568 
  2. ^ Fukui, Haruhiro (1985) (英語). Political parties of Asia and the Pacific. Greenwood Press. p. 477