臭化スズ(IV)(Tin(IV) bromide)は、化学式SnBr4の化合物である。無色の低融点金属である[1] SnBr4 can be prepared by reaction of the elements at normal temperatures:[2]

臭化スズ(IV)
識別情報
CAS登録番号 7789-67-5 チェック
PubChem 24616
ChemSpider 23018 ×
UNII 23C21BW281 チェック
EC番号 232-184-5
特性
化学式 SnBr4
モル質量 438.33 g/mol
外観 無色 [1]
密度 3.340 g/cm3 (at 35 °C)[1]
融点

31 °C, 304 K, 88 °F [1]

沸点

205 °C, 478 K, 401 °F [1]

への溶解度 soluble
磁化率 −149.0・10-6 cm3/mol
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。
Sn + 2Br2 → SnBr4

水溶液中では、0個から6個の6通りの臭化物リガンド数を持つ6つのイオン(Sn(H2O)64+やSnBr(H2O)53+等)の中で、Sn(H2O)64+が主要なイオン種となっている[3]。塩基性溶液中では、Sn(OH)62-イオンも存在する[3]

SnBr4は、リガンドと1:1や1:2の錯体を形成する。例えば、トリメチルホスフィンと反応して、SnBr4.P(CH3)3やSnBr4.2P(CH3)3.ができる[4]

SnBr4は、歪んだ四面体形分子構造のSnBr4分子を単位胞とする単斜晶系に結晶化する[5]

出典編集

  1. ^ a b c d e グリーンウッド, ノーマン; アーンショウ, アラン (1997). Chemistry of the Elements (英語) (2nd ed.). バターワース=ハイネマン英語版. ISBN 978-0-08-037941-8
  2. ^ Egon Wiberg, Arnold Frederick Holleman (2001) Inorganic Chemistry, Elsevier 0-12-352651-5
  3. ^ a b Sn NMR and vibrational spectroscopy, Taylor M. J. ; Coddington J. M., Polyhedron 1992, 11, 12, 1531-1544, doi:10.1016/S0277-5387(00)83148-4
  4. ^ Preparation, Infrared and Raman Spectra, and Stereochemistries of Pentacoordinate Trimethylphosphine Complexes, MX4-P(CH3)3 and MX4-P(CD3)3 where M = Ge or Sn and X = Cl or Br, Frieson D. K., Ozin G. A., Can. J. Chem. 51(16): 2697-2709 (1973) doi:10.1139/v73-406
  5. ^ Die Kristallstruktur von SnBr4 , Brand P., Sackmann H., Acta Crystallographica ( 1963), 16, 446-451, doi:10.1107/S0365110X63001250