メインメニューを開く

概要編集

これは舌先からその背後にわたる部分(舌端)で調音される舌端音と対比されるが、両者が通常、言語において区別されるのは摩擦音破擦音のみである。

舌端が刃先のようなものだとすれば、舌尖は針先のようなものである。

舌尖は通常の口の構えで下歯についており、持ち上げて調音がなされる。歯茎後部まで持ち上げるとそり舌音となる。

国際音声記号で舌尖で調音することを表す場合には、補助記号の[  ̺ ]を使って[t̺]のように表記する。

バスク語など、舌尖音と舌端音を区別する言語も存在する。