大正新脩大蔵経 > 般若部 (大正蔵)

般若部(はんにゃぶ)とは、大正新脩大蔵経において、『般若経』に関連する仏教経典をまとめた領域のこと。

第3番目の部であり、収録されている経典ナンバーは220から261まで。巻数では5-8巻に相当する[1]

全4巻中、前3巻は玄奘訳の『大般若経』(大般若波羅蜜多経)で占められ、それ以外は最後の巻にまとめて収録されている。

構成編集

巻別編集

  • 般若部(一)第5巻 - No.220
  • 般若部(二)第6巻 - No.220
  • 般若部(三)第7巻 - No.220
  • 般若部(四)第8巻 - No.221-261

詳細編集

般若部(一)第5巻 - No.220

般若部(二)第6巻 - No.220

  • 220.『大般若波羅蜜多経』(初会 34.難信解品-79.結勧品)

般若部(三)第7巻 - No.220

  • 220.『大般若波羅蜜多経』(第二会-第十六会)

般若部(四)第8巻 - No.221-261

脚注・出典編集

関連項目編集

外部リンク編集