船遊亭 志ん橋(せんゆうてい しんきょう)は、落語家名跡船遊亭 新橋としても名乗った。


船遊亭せんゆうてい きょう
本名 笹川 大助
生年月日 1866年7月12日
没年月日 (1919-04-26) 1919年4月26日(52歳没)
師匠 4代目柳亭左楽
7代目桂文治
弟子 5代目土橋亭里う馬
名跡 1.真古亭真生(1894年 - 1904年)
2.初代桂小文治(1904年)
3.真古亭真生(1904年 - 1906年)
4.船遊亭志ん橋(1906年 - 1914年)
5.船遊亭哥楽[1](1914年 - 1917年)
6.船遊亭志ん橋(1917年 - 1919年)
活動期間 1894年 - 1919年
活動内容 落語家
配偶者 宝集家金之助

船遊亭 志ん橋(せんゆうてい しんきょう、1866年7月12日 - 1919年4月26日)は、落語家。本名は笹川 大助

経歴編集

人物編集

大山巌に似ていたことから俗に「大山大将」という。芸は多芸で音曲、踊り、自作の阿呆陀羅経などがあった。晩年は噺に精進し同じネタを2度とやらないように勤めたという。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 「可楽」は誤植である。

関連項目編集

参考資料編集