艶女

女性誌『NIKITA』の造語、「モテる中年女性」のこと

艶女(えんじょ、えんにょ、たおやめ)は、なまめいて美しい女を指す単語。

艶女をアデージョ[1]と読ませるのは、女性誌『NIKITA』による造語で、モテる中年女性を意味する。高収入のキャリアウーマンや比較的裕福な主婦で、ファッションに気を遣い色気を有する大人の女性を想定している。命名者は『NIKITA』の創刊編集長で同出版社刊の雑誌『LEON』の“ちょいワルオヤジ”ならびに“艶男”(アデオス)の生みの親でもある岸田一郎[2]

出典編集

[脚注の使い方]