英一蝶 (2代目)

日本の江戸時代の画家

2代目英 一蝶(にだいめ はなぶさ いっちょう、生年不明 - 元文2年閏11月12日1738年1月2日))は江戸時代英派絵師

来歴編集

英一蝶の長男で門人。芙蓉斎、六巣と号す。姓は多賀氏、名は信勝。俗称は長八(郎)といった。一蝶の配流中に授かった子で、父とともに江戸へ出た。その後、父と不和となって実家を出て銚子に移住したといわれる。父の一蝶が愛用していた印章を使用している。墓所は深川陽岳寺。法名は機外道輪居士。

作品編集

  • 「舟上布袋図」 紙本墨画 1幅 荻野コレクション
  • 「四季風俗図(四民図)」 六曲一双 豊田市郷土資料館 伝二代英一蝶筆

参考文献編集