メインメニューを開く

英国国立薬物乱用治療庁

イギリス国立薬物乱用治療庁(こくりつやくぶつらんようちりょうちょう、英語:National Treatment Agency for Substance Misuse、NTA)とは、薬物乱用治療に対しての施政向上のための国家機関である。2010年の省庁改革により、NTAはイングランド公衆衛生局英語版配下の機関となった。

NTAは2001年に保健省国民保健サービス(NHS)配下の機関として設立され、組織をまたがった2010 Drug Strategy(薬事政策戦略)プログラムの施行機関である[1][2]。このプログラムは薬物・アルコール依存者に対し、依存からの回復、社会復帰、就労、児童教育、社会地位向上をめざしたものである。

NTAは、自らは治療サービスを提供はしないが、地方政府との共同作業により薬物回復のサービス向上、根拠に基づく医療、技術向上を支援している。また薬物治療のパフォーマンス計測もおこなっており、National Drug Treatment Monitoring System (NDTMS)として知られている。

脚注編集

  1. ^ 研究部報告34 薬物乱用の動向と効果的な薬物乱用者の処遇に関する研究 (Report). 法務省 法務総合研究所. (2006). 連合王国(イングランド及びウェールズ)p153. http://www.moj.go.jp/housouken/housouken03_00017.html. 
  2. ^ 2010 Drug Strategy

関連項目編集

外部リンク編集