メインメニューを開く

茨木 司(いばらき つかさ、生年不詳 - 慶応3年6月13日1867年7月14日))は、新選組隊士。諱は信忠

生涯編集

会津藩出身。慶応元年(1865年)の入隊とされる。尊皇攘夷思想が強く、慶応3年(1867年)3月に結成された伊東甲子太郎らの御陵衛士に参加を希望したが、その才を惜しんだ近藤勇によって残留した。一方で、伊東より新選組の間者(スパイ)を頼まれていたといわれる。

同年6月に新選組の幕臣取り立てに反発し、会津藩京都守護職邸に抗議を行ったが受け入れられず、佐野七五三之助中村五郎富川十郎らと共に、同所で自刃した。

武術に秀で、剣術、柔術は免許レベルだったが、その反面生真面目すぎるところがあったという。