荊宜道(けいき-どう)は中華民国北京政府により設置された湖北省の道。

中華民国 湖北省 (中華民国)省 荊宜道
1913年 - 1926年
簡体字 荊宜
繁体字 荊宜
拼音 Jīngyì
カタカナ転記 ジンイー
国家 中華民国
湖北省 (中華民国)
行政級別
政府所在地 江陵県
建置 1913年
廃止 1926年
面積
- 総面積 km²
人口

沿革編集

1913年民国2年)1月17日に荊宜施鶴道として設置、まもなく鄂西道と改称された。観察使は江陵県に設置され、下部に宜昌、江陵、公安、石首、監利、松滋、枝江、宜都、長陽、興山、巴東、五峰、秭帰、恩施、宣恩、建始、利川、来鳳、咸豊、鶴峰の20県を管轄した。1914年(民国3年)5月23日に観察使は道尹と改められた。1921年(民国10年)8月、荊宜道と改称、一部管轄区域に施鶴道が新設され、管轄県は宜昌、江陵、公安、石首、監利、松滋、枝江、宜都、長陽、興山、巴東、五峰、秭帰、荊門、当陽、遠安の15県とされた。1926年(民国15年)に廃止されている。

行政区画編集

廃止直前の下部行政区画は下記の通り。(50音順)


脚注編集