荒井 祐介(あらい ゆうすけ)は日本の政治学者。1974年、神奈川県生まれ[1]日本大学法学部政治経済学科准教授[2]

専門は政治制度論[3]

経歴編集

2000年、東海大学大学院政治学研究科博士課程在籍中に『民主主義の国際比較』(一藝社)の翻訳に参加[4]

2011年より東京工業大学特任助教。2018年より日本大学法学部准教授[2]

脚注編集

出典編集

  1. ^ J. リンス, A. ステパン 荒井祐介 五十嵐誠一 上田太郎訳 (2005). 民主化の理論: 民主主義への移行と定着の課題. 一藝社. ISBN 9784901253536. https://books.google.co.jp/books?id=HeSJt9OFFX0C&pg=PT1 2022年2月24日閲覧。 
  2. ^ a b KAKEN — 研究者をさがす | 荒井 祐介 (30422562)
  3. ^ 荒井 祐介 (ARAI Yusuke)”. kenkyu-web.cin.nihon-u.ac.jp. 2022年2月24日閲覧。
  4. ^ 岩崎正洋 工藤裕子 佐川泰弘 バーナード・サンジャック ジーン・ラポンス, ed (2000). “【著訳者紹介】”. 民主主義の国際比較. 一藝社. p. 306. ISBN 978-4-901253-04-8. https://books.google.co.jp/books?id=ApNuisHChHMC&pg=PA306 2022年2月24日閲覧。 

関連項目編集

外部リンク編集