荒涼たる野望』(こうりょうたるやぼう)は、長谷川法世による日本漫画作品。

あらすじ編集

とある田舎町で暮らす青年、捨石鬼一は地元選出の国会議員・大日向鷹彦を深く信頼し、彼の陣営の運動員を務めていた。大日向は見事当選するが、選挙終了後に鬼一は身に覚えの無い選挙違反容疑で逮捕されてしまう。鬼一の幼馴染で、彼の潔白を信じる野木田沙也は大日向の協力を得るために上京するが、そこで大日向と無理やり関係を持たされてしまい、その現場に偶然居合わせた週刊誌記者にスクープされてしまい、スキャンダルとなったことで沙也は地元から姿を消した。

その後鬼一は釈放されるが、自身の拘留中に起きていた出来事を知り、鬼一は大日向を強く憎むがどうすることも出来ず、そうしたもどかしさや苛立ちで地元のスナックでヤケ酒を呷っていたところに見知らぬ老人・孫田兵六から「(大日向が)憎いのならお前があの男より先に総理大臣になって見返してやればいい」と助言される。

登場人物編集

捨石鬼一
主人公。祖母と2人暮らしで農業を営む平凡な青年だったが、応援していた大日向に裏切られた挙句、幼馴染の沙也を暴行されたことで彼を強く憎むが、自身には彼に勝てるコネや学歴[1]などがないことからあきらめそうになるが、孫田の助けを受けながら議員秘書→政界進出を果たす。
孫田兵六
鬼一がヤケ酒を呷っていた時に出会った老人。「総理大臣を育てることが夢」で、鬼一に政界進出→政治家としてのイロハを助言する。
大日向鷹彦
鬼一が暮らす地域から出馬した国会議員。いわゆる「世襲議員」であり、元々政治家になりたくてなったというわけではなく、軽薄な面があり、沙也とのスキャンダルを起こす。
高宮城太郎
鬼一が政界進出への一歩となる「議員秘書」として仕えることになった国会議員。
高宮玉緒
城太郎の姉。バツイチの出戻り。当初は鬼一のことを大日向側のスパイではないかと警戒していたが、大日向による沙也への蛮行の事実を知ったことや、鬼一の議員秘書としての働きぶりを見て、鬼一を信頼するようになる。
野木田沙也
鬼一の幼馴染で職業は保育士。鬼一の家の農作業を手伝うなど、優しく面倒見の良い女性。鬼一が選挙違反容疑で逮捕された際に大日向に助けを求めるために上京したが、そこで大日向に無理やり関係を持たされてしまい、週刊誌記事になってしまったことから田舎での好奇の目を避けるために地元から姿を消す。
谷江松代
スナック「道づれ」のママ。鬼一を介抱したのがきっかけで男女の関係になる。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 地元の農業高校を卒業したのが最終学歴