菱形筋

ウィキメディアの曖昧さ回避ページ
菱形筋(群)
Rhomboidei.PNG
ラテン語 musculus rhomboideus
英語 Rhomboid muscle
第6頚椎(C6)から第4胸椎(Th4)の棘突起
肩甲骨の内側縁
作用 肩甲骨を後ろに引く
テンプレートを表示

菱形筋(りょうけいきん)は、脊椎から起こり、左右の肩甲骨に停止する、一対のである。

僧帽筋の深部にあり、第6頚椎(C6)から第4胸椎(Th4)にかけての棘突起から起こり、外下方に斜走し肩甲骨の内側縁に付く。

頚椎を起始部とする上部を小菱形筋、胸椎を起始部とする下部を大菱形筋と分けて呼ぶこともある。肩甲背神経の支配を受ける。

  • 肩甲骨を後ろに引く作用がある。
  • 不良姿勢などによる肩こりでは、この筋にも不快感・重圧感・こり感や痛みを感じることがある。

目次

画像編集


参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集