董源(とう げん、拼音:Dŏng Yuán、934年 - 962年)は、中国五代十国時代南唐北宋初期の画家。は叔達。洪州鍾陵県の出身。人物画風景画で知られ、将来、9世紀の中国で筆画の標準となる、優雅なスタイルを例示した。董源と、その弟子である巨然は、江南風景画として知られる風景画の創始者である。董源や巨然らは、荊浩関同らとともに、当時を代表する画家であった。

董源
Dong Yuan rivers detail.jpg
董源の作品「瀟湘図」[1]
生誕934年
死没962年
国籍中華人民共和国の旗 中国
著名な実績絵画
運動・動向南唐
影響を与えた
芸術家
巨然

主な作品編集

脚注編集

  1. ^ Sullivan, Michael (1999). The Arts of China. University of California Press. p. 173. ISBN 0-520-21877-9