メインメニューを開く

蒲池 鎮之(かまち しげゆき、生没年不詳)は、幕末柳河藩士。

柳川城主の蒲池鑑盛の孫であり、蒲池統安(塩塚城主)の子である円蓮社応誉上人雲冏和尚の子孫。応誉は後に柳川藩祖正室の菩提寺として良清寺を創建し、この子孫が蒲池家[注釈 1]の名跡を再興することとなる。良清寺を預かる蒲池家は代々の住職を出し、また武家として立花氏柳川藩家老格に遇された。

鎮之丞は、先祖を同じくする窪田鎮勝(蒲池鎮克)[注釈 2]が、柳川郊外の蒲池村にある蒲池氏の菩提寺である崇久寺を参った時、何度か面談している。

松田聖子(本名・蒲池法子)の直接の先祖で高祖父にあたる。



脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 応誉の兄、鎮貞が継いだ蒲池氏の分家。鎮貞は龍造寺隆信に攻められ、塩塚城で討死している。
  2. ^ 江戸時代末期の旗本で、西国郡代。鑑盛の孫の一人、蒲池徳子の子孫。