メインメニューを開く

蓮光院

蓮光院(れんこういん、元文2年11月15日1737年12月6日) - 寛政3年3月8日1791年4月10日))は、江戸幕府の10代将軍徳川家治側室。俗名は知保智保。父は津田宇右衛門信成。養父は伊奈忠宥

生涯編集

寛延2年(1749年)より大御所徳川家重の御次として仕え、宝暦11年(1761年)に家治付の中臈となる。

宝暦12年(1762年)に長男・竹千代(後の家基)を出産するが、家治の正室・倫子女王に子がいなかったため、大奥松島局の勧めもあり倫子の養子として育てられる。しかし、明和8年(1771年)に倫子が死去して以降は、知保は御部屋様となり、竹千代と共に暮らした。

寛政3年(1791年)3月8日、55歳で死去した。

文政11年(1828年)に従三位を追贈された。御台所及び将軍生母以外の大奥の女性が叙位された珍しい例である。

関連項目編集

参考文献編集