メインメニューを開く

蓮華石(れんげせき、 Rengeite)は、2001年に発表された新鉱物で、フォッサマグナミュージアム鉱物学者宮島宏などにより、新潟県糸魚川市青海地域で採取されたヒスイ中から発見された[1]化学組成はSr4ZrTi4Si4O22で、単斜晶系ペリエル石 (Perrierite)-チェフキン石 (Chevkinite) グループに属し、ストロンチウムジルコニウムを含む種である。名称は発見地が、以前蓮華変成帯と呼ばれていた高圧変成帯の東端付近に位置することによる。

脚注編集

  1. ^ Miyajima, H. et al. (2001): Rengeite, Sr4ZrTi4Si4O22, a new mineral, the Sr-Zr analogue of perrierite from the Itoigawa-Ohmi destrict, Niigata Prefecture, central Japan. Mineral. Mag., 65, 111-120.

関連項目編集

外部リンク編集