藤原 説貞(ふじわら の ときさだ)は、平安時代後期の武士官位陸奥権守

 
藤原説貞
時代 平安時代後期
生誕 不明
死没 不明
官位 陸奥権守
氏族 藤原氏
光貞元貞、女子
テンプレートを表示

略歴編集

前九年の役休戦中に、奥六郡を支配する俘囚長の安倍頼時の次男・貞任より、説貞の娘を嫁にという申し出があったが、身分の違いを理由により拒絶した。その矢先の天喜4年(1056年)、阿久利川に野営中の説貞陣営で兵馬殺傷事件(阿久利川事件)が起きる。説貞は結婚拒絶の遺恨であろうと陸奥守・源頼義に讒言した。頼義は貞任を差し出すよう命じたが、頼時が応じなかったため、再び開戦する原因となった[1]

脚注編集

  1. ^ 七宮涬三編『藤原四代のすべて』新人物往来社、1993年・ISBN 4-404-02025-2 C0021

登場作品編集

関連項目編集