藤岡由夫

藤岡由夫

藤岡 由夫(ふじおか よしお、1903年3月6日 - 1976年3月13日)は、日本物理学者

目次

人物編集

東京府東京市出身。府立一中を経て東京帝国大学理学部卒。1933年理学博士

理化学研究所に勤務、オランダ、ドイツに留学。1941年東京文理科大学教授、1950年東京教育大学光学研究所長。後に埼玉大学学長、山梨大学学長を務めた。

原子力委員会委員として日本の原子力政策に関わった。

家族・親族編集

著書編集

  • スペクトルと物質の構造 (鉄塔書院 1933年)
  • ラマン効果 (岩波書店 科学文献抄 1936年)
  • 現代の物理学 (岩波書店 1938年)
  • 物理学ノート (河出書房 1942年)
  • 物質の究極 (河出書房 科学新書 1944年)
  • 科学教育論 (河出書房 教育文庫 1947年)
  • 物理学ノート 第2 (河出書房 1947年)
  • 原子科学の人々 (弘文堂・アテネ文庫、1949年)
  • 物理概説 (大日本図書 1950年-1951年)
  • 科学者と人生 (講談社 1964年)
  • 中谷宇吉郎 小伝と科学随筆抄 (雷鳥社 1968年)
  • 科学者休むに似たるか (講談社 1969年)

共編著編集

  • 原子スペクトル (荒木源太郎,田中善雄共著 共立社 量子物理学 1938年) 
  • 原子核から素粒子へ (朝永振一郎共編 弘文堂 1949年)
  • 改稿物理実験学 (全4巻 河出書房 1950年-1952年)
  • 物理学 大学一般教養 (戸田盛和共著 三省堂出版 1951年)
  • 藤岡東圃追憶録 (編 私家版 1962年)
  • 高嶺俊夫分光学 (編 応用光学研究所 1964年)
  • 分光学 (編 講談社 1967年)

翻訳編集

  • ヘンリー・トーマス『科学十講 下巻』 (訳監修 評論社 1950年)
  • S・C・ロスマン編『原子力の平和的応用』 (芳賀穣共訳 住吉書房 1950年)
  • V・F・ワイスコップ『自然の驚異 星の進化から生命の発生まで』 (河出書房 現代の科学 1967年)
  • ドナルド・J・ヒューズ『中性子物語 究極の物質を求めて』 (河出書房 現代の科学 1967年)
  • ルース・ムーア『ニールス・ボーア 世界を変えた科学者』 (河出書房新社 1968年)
  • ウインストン・E・コック『音波・光波・電波 マイクロ波の基礎まで』 (河出書房新社 現代の科学 1969年) 
  • バーナード・ヤッフェ『マイケルソンと光の速度 相対性理論への道』 (河出書房新社 現代の科学 1969年)
  • アシモフ選集 物理編 第3 物理とは 第3 電子・陽子・中性子』 (寺田純一共訳 共立出版 1971年)
  • A・D・ムーア『発明・発見・創造 アイディアは未来をひらく』 (河出書房新社 現代の科学 1971年)

参考編集

  • デジタル版日本人名大事典:[1]