蘇 由(そ ゆう、生没年不詳)は、中国後漢時代末期の武将。

正史の事跡編集

姓名 蘇由
時代 後漢時代
生没年 〔不詳〕
字・別号 〔不詳〕
出身地 〔不詳〕
職官 〔不詳〕
爵位・号等 -
陣営・所属等 袁尚
家族・一族 〔不詳〕

袁尚配下。建安9年(204年)2月、袁尚の命令で審配と共にを守備したが、曹操軍が接近してくると、これに内応しようと謀った。しかし事前に露見したため、鄴城内で審配と市街戦を繰り広げた挙げ句に、敗れて曹操の下に逃げ込んだ。その後の蘇由の行方は不明である。

物語中の蘇由編集

小説『三国志演義』でも蘇由は登場するが、曹操に寝返った経過はなく、それ以上の記述も無い。

参考文献編集