蘇 飛(そ ひ、生没年不詳)は、中国後漢末期の武将。

黄祖配下。黄祖の下で都督を務めた有力人物。同僚の甘寧の才能を高く買っており、一番の理解者であった。

主君である黄祖が江賊あがりの甘寧を重用しないので、彼を重用するよう進言したが聞き入れられなかった。そこで蘇飛は甘寧を邾(ちゅ)の県長に推挙し、彼が揚州孫権の下へ脱出できるよう手配した。このおかげで甘寧は黄祖の下から逃れ、孫権に仕えることができた。

208年、孫権が江夏を攻めて黄祖を討った際、蘇飛は生け捕りにされた。孫権は蘇飛を処刑しようとしたが、甘寧が己の命と引き換えに助命を嘆願したため、蘇飛は何とか許された。

これ以降史書への記録はない。