蘭 京(らん けい、生年不詳 - 549年)は、中国南北朝時代の人物。またの名を固成。東魏の権臣高澄を殺害したことで知られる。

経歴編集

南朝梁の将軍の蘭欽の子として生まれた。東魏の軍に捕らえられて、奴隷に落とされ、高澄の家の厨房で働くこととなった。蘭欽が蘭京の身柄を金銭で贖おうとしたが、高澄は許さなかった。また蘭京も自身の解放を高澄に訴えたが、高澄は監厨倉頭の薛豊洛に命じて、蘭京に杖罰を加えた。蘭京はこのことを恨んで、阿改を含む仲間の6人とともに反乱の計画を練った。

549年武定7年)8月辛卯、高澄は東魏の孝静帝からの禅譲を受けるべく、晋陽の北城の東柏堂で陳元康楊愔崔季舒らとともに人事の密談をしており、他の側近や護衛たちを遠ざけていた。蘭京は食事を進上する機会に、刀を盤に隠して高澄に近づき、斬りつけた。高澄は牀の下に隠れたが、蘭京は牀を引きはがして殺害した。陳元康は高澄をかばおうとして刺され、その夜に亡くなった。楊愔は狼狽して逃げ出し、現場に片方の靴を残していった。崔季舒は逃げて厠に隠れた。庫直の紇奚舎楽は蘭京らと戦って死に、散都督の王紘は戦傷を受けた。薛豊洛は宰人(料理人)を率い薪を持って現場に赴き、蘭京らに捕らえられた。

ときに高澄の弟の太原公高洋が城東の双堂にいたが、事件を知って現地に赴いた。蘭京らは高洋率いる兵に掃討されて全滅した。蘭京らの遺体は高洋自らに斬り刻まれ、その頭蓋骨は漆塗りにされた。

伝記資料編集

  • 北斉書』巻3 帝紀第3
  • 『北斉書』巻24 列伝第16
  • 北史』巻6 斉本紀上第6
  • 『北史』巻55 列伝第43