メインメニューを開く
本来の表記は「蘭坡景茝」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。

蘭坡景茝(らんぱけいし、応永26年(1417年)- 明応10年2月28日1501年3月17日))は、室町時代中期から戦国時代にかけての臨済宗[1]。別号は雪樵。近江国の出身。

南禅寺に入り大模梵軌(だいもぼんき)に師事してその法を継ぎ、希世霊彦(きせいれいげん)や瑞巌龍惺(ずいがんりゅうせい)らに漢詩文を学んだ。1475年文明7年)臨川寺の住持となり、その後は相国寺等持院常在光寺などの住持を歴任し、南禅寺内に仙館軒(のちに仙館院)を創建している。後土御門天皇に重用され、漢詩などを進講している。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 蘭坡景茝小論『国文学攷』48号所収、1968年10月、 pp.29-42、2016-10-30閲覧。