メインメニューを開く

虎尾 俊哉(とらお としや、1925年1月13日 - 2011年1月5日)は、日本の歴史学者国立歴史民俗博物館弘前大学名誉教授。日本古代史専攻。

虎尾 俊哉
生誕 1925年1月13日
愛媛県松山市
死没 2011年1月5日
国籍 日本の旗 日本
研究分野 日本古代
研究機関 弘前大学
ロンドン大学
プリンストン大学
国立歴史民俗博物館
出身校 東京帝国大学文学部国史学科(学士)
東京帝国大学大学院(修士・博士)
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

目次

来歴編集

長崎市出身。愛媛県松山市生まれ。1943年第五高等学校卒業、東京帝国大学文学部国史学科入学、兵役のため休学ののち1947年卒業。1952年同大学大学院(旧制)満期退学。1953年弘前大学理学部講師、1955年助教授、1962年「班田収授法の研究」で東大文学博士。1965年改組により弘前大学人文学部助教授、1967年教育学部教授、1969年文部省在外研修員としてロンドン大学に滞在、1974年プリンストン大学客員教授、1982年弘前大学教育学部長、1983年国立歴史民俗博物館教授、1990年定年退官、名誉教授。

著書編集

  • 班田収授法の研究』吉川弘文館〈日本史学研究叢書〉、1961年。
  • 延喜式』吉川弘文館〈日本歴史叢書〉、1964年。
  • 『律令国家と蝦夷』評論社〈若い世代と語る日本の歴史〉、1975年。
  • 『日本の歴史文庫 3 奈良の都』講談社、1975年。
  • 『日本古代土地法史論』吉川弘文館、1981年10月。
  • 『古代典籍文書論考』吉川弘文館、1982年3月。
  • 『古代東北と律令法』吉川弘文館、1995年6月。

編纂など編集

記念論集編集

  • 『日本古代の法と社会』吉川弘文館、1995年7月。
  • 『律令国家の政務と儀礼』吉川弘文館、1995年7月。
  • 『律令国家の地方支配』吉川弘文館、1995年7月。  

参考編集

  • 虎尾俊哉教授略歴(「国立歴史民俗博物館研究報告」1990)