袁 克文(えん こくぶん、1889年 - 1931年)は、中国の学者・書家であり、青幇の大老である。は豹岑で、寒云ので知られる。

生涯編集

1889年に生まれた。中華民国初代大総統袁世凱の次男である。母は袁世凱の妾で朝鮮出身の金氏で、袁は母の故郷の朝鮮・京城(現在のソウル)で生まれた。兄に袁克定英語版がいる。

袁は中国の古典文学に堪能であり、書と水墨画の達人だった。彼は美術品や骨董品の蒐集に取りつかれていた。彼が父の中華帝国皇帝即位に反対していたことと、彼の奔放な生活振りから、父の怒りを買った。彼は父の秘書の歩翔棻(章五)とともに上海へ逃亡し、青幇の一員となった。彼は上海と天津で多くの舎弟を持つようになった。

私生活編集

袁は正妻の劉梅真の他に情韻樓、小桃紅、唐志君、于佩文、亜仙の5人の妾を持った。その他にも愛人が多数おり、生涯で関係を持った女性は七・八十人にも及ぶという。

袁には四男三女の子供がおり、その全てが学者になった。三男の袁家騮は著名な高エネルギー物理学者であり、同じく物理学者の呉健雄と結婚した。

袁は1931年に天津で亡くなった。

彼は馬弔のゲームの研究でも知られ、『雀譜』を著した[1]

脚注編集

  1. ^ 王忠和 (2006-06-01) (Chinese). 《袁克文传》. 中國: 百花文艺出版社. ISBN 9787530643990 

関連項目編集