メインメニューを開く

袴腰岳(はかまごしだけ)は北海道函館市にある標高1108.4mので、函館市内の最高峰である。袴腰山(はかまごしやま)とも呼ばれる。

袴腰岳
Mt. Hakamagoshi-dake in Hakodate.JPG
函館市街から望む袴腰岳。鞍部の右が袴腰岳、左が烏帽子岳。
標高 1108.4 m
所在地 北海道函館市亀田大森町1-1
位置 北緯41度55分26.1秒 東経140度48分33秒 / 北緯41.923917度 東経140.80917度 / 41.923917; 140.80917座標: 北緯41度55分26.1秒 東経140度48分33秒 / 北緯41.923917度 東経140.80917度 / 41.923917; 140.80917
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示

概要編集

市内を流れる亀田川松倉川の水源であり、函館市の水道水源の一つである。亀田川上流域は「亀田川水源の森」として、林野庁の水源の森百選に選定された[1]横津岳から袴腰岳を経て続く山地は 亀田半島の背骨となり、恵山道立自然公園を構成する地域の一つである。山頂には 一等三角点が置かれていて、基準点名は袴腰山である[2]

日本には袴腰山・袴腰岳と呼ばれる山がいくつかある。北海道道南では、この函館市のほかに福島町[3]や知内町[4]にも袴腰岳が、北斗市[5]には袴腰山がある。

登山編集

2つのコースがあり[6][7]、山頂から津軽海峡、函館山、函館市街、函館湾、横津岳、駒ヶ岳を望める。

  • 横津岳から登るコース: 横津岳山頂への舗装道路から分岐して、湿原や烏帽子岳をへて袴腰岳へいたる縦走路。
  • 赤川林道から登るコース: 新中野ダムの上流、赤川林道の登山口から三角山をへて袴腰岳にいたるコース。

登山口への林道は、路肩崩壊や雨裂などによって通行注意・通行止めになっていることもある[8]

周辺の山編集


関連項目編集

出典編集

  1. ^ 林野庁 - 水源の森百選
  2. ^ 国土地理院 基準点成果等閲覧サービス
  3. ^ 北海道福島町の袴腰岳
  4. ^ 北海道知内町の袴腰岳
  5. ^ 北海道北斗市の袴腰山
  6. ^ 渡島総合振興局 森林室 東部森林室 見どころコーナー 袴腰岳
  7. ^ 北海道夏山ガイド 5(最新版): 道南・夕張の山々 北海道新聞社、2005、 ISBN 4-89453-331-6
  8. ^ 渡島総合振興局東部森林室 林道の通行止情報

外部リンク編集