裁くのは俺だ (スピレイン)

裁くのは俺だ』(さばくのはおれだ、原題:I, the Jury)は、ミッキー・スピレインの長編ハードボイルド小説。スピレインの代表作であり、私立探偵マイク・ハマーを主人公とするシリーズの第1作である。1947年に出版された。

スピレインは本作からハードボイルド小説で活躍するようになり、作品は軒並みベストセラーとなったが、文壇からは冷たい目で見られることとなる。

日本語版は、中田耕治の訳で早川書房から刊行されている(単行本:1953年、ハヤカワ文庫版:1976年)。

映画編集

1953年1982年に映画化された。

1953年版編集

1982年版編集

外部リンク編集